2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 3/11(日)An Thới ĐôngからCẩm Mỹ(2018東南アジア自転車旅Day37) | トップページ | 3/13(火)Phan ThiếtからMũi Né (2018東南アジア自転車旅Day39) »

2018/05/13

3/12(月)Cẩm Mỹ からPhan Thiet (2018東南アジア自転車旅Day38)

94e9b7a6dbb743d08bb941702d1c832e


3/12(月)Cẩm Mỹ からPhan Thiet (2018東南アジア自転車旅Day38)

朝8時にチェックアウト。宿の前のQL56を北へ10kmほど走り、右折してベトナム国道1号線QL1Aに入った。この交差点からハノイまで1677km、ホーチミン(サイゴン)まで83kmだそうだ。とりあえず東(ハノイ方面)へ進む。

上記の右折直前に標識の写真を撮ってるとき、イケメンの青年が笑顔で近づいてきて「どこまで行くんですか?!」(想像w)とベトナム語でおっしゃった。僕が英語でベトナム語は分からないというと、「あw 外人かぁ。無理w」みたいな苦笑いをして、元いた場所(美容院)に戻った。今度は彼から報告を受けた強面のおじさん(写真上段中)が近づいてきて英語で話しかけられた。このおじさん、普通に米語が話せる。大学で英語も勉強したんだと。「なんで1人で旅してるの?」というお決まりの質問wに丁寧に答えると、納得してはりましたわ。「1人だと行き先もルートも食事も宿泊場所もなんでも自由に決められるので気楽でイイ。逆に複数で旅すると何をするにも相談が必要で面倒くさい」みたいな話しね。美容院を経営してるのだけど、仕事は奥さんがしておじさんは遊んでるそうだ🙂 東南アジアでは女が働き、男は遊んでるパターンが多いよね😅 イイネ。

1号線は舗装が良く、また最初の10kmくらいはずっと下り基調だったので楽にスピードがでた。昨日苦労して登ってきた甲斐があった。去年走った人のレポートを読むと、1号線は路側帯の舗装が良くないので、細いタイヤより太めのタイヤが良いかもとかいう話があったのだ。日本から飛んできて、いきなり走るとそう感じるのかな。カンボジアやメコンデルタの悪路をさんざん走った僕には、1号線は舗装の良い走りやすい道だと感じる😅 交通量が多いとかバスやトラックが鬱陶しいというのは別の話しで、路面状況限定の話ね。

この辺りは1号線沿いにもドラゴンフルーツ畑がたくさんある(写真中段右)。

朝イチの3時間で60km進んだよ🙂 2日かけてPhan Thietファンティエットかムイネーに着けばいいやと思ってたけど、朝からずっと調子が良かったので121km走り、ファンティエットに到着した。ここんとこずっと向かい風だったけど、今日はほぼ無風だったのも良かったな。テキトーに見つけて入ったホテルが当たりで、最上階角部屋の広い部屋で快適だった。

ホテルの近所の屋台から持ち帰った、おかずをあれこれのせたおこわ(xôi gấcソイガックかな?)が安くて(20000ドン、100円)美味しかったぁ。酒の肴に最適! おこわ自体がほんのり甘くて(ココナッツジュースで炊いてる?)美味しいし、具がまたイイのだ。特に旨かった具はカラスミと明太子を足して2で割ったような味のヤツ(写真下段中。今思えばこれはnem=葉っぱでグルグル巻きにして売ってる赤いソーセージだな)。これ一切れだけでも100円の価値がある。酒が進むくん。ビアサイゴンの缶ビールを6本飲んでしまったw(50円x6=300円) 🙂 うちの近所にあれば絶対リピーターになるな。みなさんもベトナムに来たらおこわ食べてみて🙂
#vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

« 3/11(日)An Thới ĐôngからCẩm Mỹ(2018東南アジア自転車旅Day37) | トップページ | 3/13(火)Phan ThiếtからMũi Né (2018東南アジア自転車旅Day39) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3/12(月)Cẩm Mỹ からPhan Thiet (2018東南アジア自転車旅Day38):

« 3/11(日)An Thới ĐôngからCẩm Mỹ(2018東南アジア自転車旅Day37) | トップページ | 3/13(火)Phan ThiếtからMũi Né (2018東南アジア自転車旅Day39) »