2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019/03/31

3/21 ハノイで出発準備(2019 SE Asia Cycling Day50 Mar. 21)

ハノイの定宿wの朝食は8時半ごろ食べ終わったんだけど、部屋に戻ったのは10時半過ぎだった。

Ccd03b1a0bdf44a5a1c6bff86b05719b

美味しいベトナムコーヒーをおかわりしながら、オーストラリア人のおじさんと2時間喋ってたw って、彼は僕より10歳若いことが判明したのだがw

最初はお互いの旅のことなど当たり障りのない話をしてたのだが、ひょんなことから安倍さんと自民党の悪口や小選挙区制の問題点などを話し始めると話が長くなったw その後、オーストラリアやアメリカの政治の話へ飛んだり、年金の話、諸外国でのリタイアメントビザ、英文学、ジェームズジョイス、アイリスマードック、南米旅の危険性、オーストラリアと中国の関係、NHKとBBCの違い、日本では司法やメディアまでが政府にコントロールされてるとか話は多岐にわたったw

バスに乗りハノイ旧市街へ行く。バス代はサイゴンよりお高くて7000ドン(35円)。まずは両替。いつもはATMから現地通貨を引き出すのだけど、諸般の事情によりラオスで日本円が増えてしまったのと、円からドンへの両替レートが良いようなので初めて円をドンに両替することにしたのだ。2軒目の両替屋で1円=209ドンと提示されたので5万円両替した。10,450,000ドンになったw 端数がでると面倒なので、いつも1円=200ドンで計算してるので、実際はもう少し安いのね(^_^)。

B5d09921558a4049b1e8eeec4e4af2d0

その後、ぷらぷらして見つけた小さなブンチャ屋で昼飯。注文後に炭火焼きした豚肉を炙り直して、つけダレに投入してくれて、香ばしくてうまぁ。

4049a6e55a87495babf13bbd97065d1b

D141e1e8982646b8a87a858946b77239

店のお姉さんにポンチョタイプの簡易雨合羽を売ってる店がないか尋ねると、なぜか店の奥から新品のそれを出してきてくれた(^_^)。買い置きを放出してくれたのかな。これで用事は終わった(^_^)。結局、内訳は分からないけどw、ブンチャ、ビアハノイ、雨合羽で60000ドン(300円)だった(^_^)。

37754bb9d9244552bfadb2ef57f02788

これまでは山用の割と良いレインスーツを持参してたのだけど、東南アジアでは過去1回も使ったことがないので、軽量化のため今回は持ってこなかったのだ。

晩飯はいつものCOM屋でいつものようなおかずとBIA HANOI x2。55000ドン(225円)。

9c0a2b43dc6f48648eaad05ae870f50a

残りをお持ち帰りして、酒の肴にした。昨夜もそうしたのだった。これ、経済的で良いw

0f12372242414523a7f09f33db727f30

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 


#hanoi #定宿 #ハノイ #breakfast #stickyrice #朝食 #おこわ #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

3/20 ハノイでまたダラダラ(2019 SE Asia Cycling Day49 Mar. 20)

宿のオーナー夫妻は旅行に出かけていて昨日(3/19)から不在のため、お手伝いさんのおばさんが昨夜のチェックインも、今日(3/20)の朝飯も担当してくれた。この件は、オーナーから前もってメールで連絡を貰ってた。

今日はおこわはない模様。残念。バゲットをトーストしてくれた。目玉焼きはいつも通り2個焼いて貰った。バゲットはお代わりして、コーヒー3杯で流し込んだw

Ffc0e0e59e1f45cb876ae2d51a3bd50b

0a49e77c271e47ca8bbaa29bca701f47

7be9729687f844c2bd03c84c15bda43a

昼はフォーが美味しいと評判の近所の店でphở bò táiフォーボータイ(軽く火を通した薄切り牛肉入りのフォー)を食べた。この店はビールを置いてないので入ったことなかったのよ。でも、美味しいフォーというのも食べておくべきかなと思い初入店。テキトーなローカルなフォー屋よりは、確かにスープが美味しいし、麺もフォーの割にはぷりぷりしてる。でも、旨いブンと比べると落ちるなぁ。33000ドン(165円)。

805e64b935ce4f7083891b1db59dde80

C7f2b0e18e42447f9128400aa339e57c

晩飯はいつものCOM屋(ぶっかけ飯屋)でいつものようなおかずとBIA HANOI x2。55000ドン(225円)。もう、みんなも、この店の値段、覚えたんじゃない(^_^;)? ニャンコはCOM屋の子みたい。

8baf89c8f43243a78b435545d54bf1b6

Bf972dbc6bcd4cddaae4666967725c4c

帰りに商店で缶ビールを買うとき、おじさんに2万ドン払ったら、奥さんが勘違いして20万ドンに対するお釣りをくれようとしたw それを僕が指摘すると、おじさんが奥さんを叱りつけ夫婦喧嘩寸前に(^_^;)。失敗未遂なんだから、そんなに怒らんでもw 黙って貰っておいた方が夫婦円満で良かった(^_^;)?

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 

#hanoi #ハノイ #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

 

2019/03/30

3/8〜3/19 ラオスでなんちゃってバックパッカーな旅

ブログにはほとんど何もアップしてなかったのですが、3月8日から19日までラオスを旅してました。ハノイ(飛行機)→ビエンチャン(バス)→バンビエン(ミニバン)→ルアンパバーン(飛行機)→ハノイという旅程でした。

いつもひとり旅ばかりしてるので、日本から飛んできた旅友(女性)と2人で旅した今回のラオス旅はちょっと勝手が違っていた。11泊も複数人で旅したのは初めてだったしね。以前5泊ほど一緒に旅した子とは喧嘩別れしたなんてこともあったしw、若干の心配もあったのだけど、平穏無事に旅ができて良かった。

この旅の合流場所をラオスのビエンチャンと決めてからは、ベトナム南部からビエンチャンへどうやって移動するかで結構悩んだ。ルートの選択肢が多いし、自転車があるので逆に制限も多いしね(^_^;)。ビエンチャンまで自転車で自走するのがベストでそれは可能だったのだけど、そうするとバンビエンやルアンパバーンへの移動が大変。山道がキツイのだw また、ラオスはノービザだと15日しか滞在できないので日程的にもキツイので却下。ダナンの知り合いの家に自転車を預けてビエンチャンに飛ぶ手もあったが、ラオスから帰ったあとのルートなどを考慮して、ハノイからビエンチャンへ飛ぶことにした。それが、寝台列車でのサイゴンからハノイへのワープ、ハノイ近郊のnew省狩りw、さらに現在実行中のベトナム北部山岳地帯のサイクリングに繋がってるわけ。いつも無計画な僕にしては、ここんとこ計画的な旅をしてるなぁ(^_^;)。
(って、寝台列車でハノイ到着後どこへ行くか、またラオスからハノイへ戻ったあとのルートも具体的には考えてなかったのだがw というか、北部の気候に嫌気がさしてたので、ベトナム南部への再ワープも考えていたw)

今回の3月8日から19日までのラオス旅は、自転車、工具、パニアなど重いものはハノイの定宿に預かって貰い、最小限の荷物だけ持って旅してきた。な訳で、自転車なしのこの期間は「2019 SE Asia Cycling」シリーズのレポートからは除外する。よって2019 SE Asia Cyclingの日数にもカウントしない。帰国後にブログ記事を書くかもしれないけど、本旅中は、とりあえず、放置しますw ブログ以外のSNSではリアルタイムでほぼ毎日なにかレポートしてたし、もう書かなくてもいいかなという気分。あ。でも、帰国後に、面白い写真を単発でインスタからアップとかはするかも。いや、書くべきことも、色々あったような気もするw ラオスからハノイへ戻ったあとも、色々新たなイベントが多くて記憶がどんどん上書きされてしまってるんだよなw ま、帰国後、なにか面白いことを思い出したら書いてアップします。

そんな訳で、ラオスで撮った写真で印象に残ってるヤツをピックアップして貼り付けよう。ブログ記事ではお初の写真ばかりなので、キャプションもつけよう。

 

◼️ビエンチャン 

6d3de5eddbb94a7f9215308b1d343412

ビエンチャンの空港から乗ったバスは京都市バスだった(^_^;)。

 

7cb65e8d65874b288b88ee15606fe929

ビエンチャンでは飲んで食っただけw ビアラオの生ビール旨い。

 

De0c07c070e3473fa5baf2e311a763be

ビアラオのゴールドもブラックも飲んだよ。

 

Ccbd8d30a3c5472d994d899f4874e504

バンビエンへ向かうバスまでホテルにピックアップに来てくれたトラック。ラオスではこれもトゥクトゥクと呼ぶようだ。狭いのにどんどん客をピックアップしてのせて行くので、おいおい!みたいな雰囲気になったところでパチリ。「ハイ。こっち向いて」と声をかけると反応してくれた人が多かった(^_^)。

 

◼️バンビエン 

Dfc3e41c5e304136a51bbfd3fd34b655

眺めの良いレストランで朝食。

 

4a0e3606305e43afab55498597024ff6

川で遊んだり。

5cafa78b66d34251a8f2948d7ae9ad2a

ハンモックでダラダラ。

 

57c7437e83354ce8816c90f18e5ccfc5

 

60007de176f34c16afe99adb1cb2c377

ブルーラグーンへはレンタルママチャリで行った。

Ad22e2e6f35c4aaaa5a13ce9dbf6f02b

僕のダイブシーン(^_^)。

 

B660f6276e4f4557891511ac26428044

ビアラオに飽きたらこれを飲むべし。

 

7cd48c00c2d24a8199bd95281f4b1800

ブルーラグーンの裏山を登って洞窟探検も。思ったより登りの距離があり、翌日、筋肉痛にw

 

Cf744f79475a4f668dae2fb52dd71417

ブルーラグーンからの帰り道。次の写真も同様。

4046fae157214668b8798e9e2fe2204d

 

E066fc5dbc644daea81bd5f1628e822b

泳いだり登ったりした後はビールでしょw ビアラオ生ビールがハッピーアワーで5000キープ(65円)(^_^)。

 

0a3f34b48ddd4c9abe57036de8e53d4a

ルアンパバーンへ移動中。休憩した峠の茶屋からパチリ。

 

00f8d2eb3c624e1da4eec7808c4d3157

茶屋の手前のほぼピーク地点。標高1830m!

 

◼️ルアンパバーン 

Ffb3878ddd0a45509b930fbc1c1ac0d3

川沿いのお洒落なレストランで晩飯。

 

 

9e9aa7707de641ec92259eb82808bd08 

ルアンパバーンは相当に古い都らしく、市街地全体が世界遺産に登録されている。お寺が200?とかあると聞いていたが、マジで街中お寺だらけ。狭い地域にお寺が集まっているので、京都よりお寺密度が高い。

しかも、お寺の敷地がやたらと広く、大きな樹木や背の高い椰子の木が植えられていて、雰囲気が良く公園のようだ。気持ちいい(^_^)。また車やバイクが少なくて、街全体が静かでええどすえぇ。ベトナムみたいにホーンを鳴らしまくる阿呆は皆無だし。

人も犬も猫もみんなおっとりしていて穏やかでええ感じですわ。ルアンパバーンというかラオス気に入った(^_^)。

9e8ea8bc0b924bd5af8e640580564fc0

 

この時期、東南アジア名物の野焼きのせいで霞んでいてイマサン!↓

0b398f631e554097b2f1fbc925d90f4e

58336c129a7843d48a30b42e3d5f81bb

 

ここからが、今回のラオス旅のハイライト。クアンシーの滝。

B2b212131f504d909c87febe781c269f

824b5f76915c4cb38c0f9cfcd74aa6aa

11566e8874a4479db570d005ac6c145c

784b0bf4079549ab80719610caad4661

3431f499b9764472bcdff410a7d00ae3

 

B5f2e27a349e476ea371d6081938a372

43b19f67607f4ec3952f05dc7c4f0774

いやぁ、クアンシーの滝は想定外に良いところだった。久しぶりにワクワクしたよ。こんな当たりの観光地って滅多にないぜ。

駐車場から滝まで歩いて行くのだけど、まず、小さな谷川の水が飲めそうなくらい綺麗なのに驚いた。東南アジアの川って汚いwイメージがあるでしょw 涼しくて気持ちいいし。綺麗な水と大きくて背の高い樹木がたくさん生えてることから、屋久島の山道を歩いてるような気分になった。

滝の下流にある自然のプールの色が淡いエメラルドグリーンで綺麗だぁ。これが数カ所あり、登るに従いサイズとか周りの雰囲気がだんだん良くなっていくのだ。

どんどん期待が高まる。そしてメインの滝を見たとき、ちょっと感動したよ。こんな美しい滝は初めてみたような。しばらく眺め続けた。同行者はイグナスの滝!より、こっちの方が美しくて好きと評価されていた。

で、滝のちょっと下流にある大きな自然のプールで泳いだ。最初はサンダルを履いてサングラスをかけたまま泳いだけど、あまりの気持ち良さに、サンダルもサングラスも外し、少しだけ本気モードで泳いだ。ほんまに気持ち良かったわぁ。

泳いだあと、もう一度、滝を見に行った。いや、ほんまええわ。車に戻る時間が迫ってきたので、後ろ髪を引かれながら、駐車場へ向かった。今日は安いツアーで行ったので時間が短かったのよ。

次回、来ることがあるなら、弁当持ってバイクで行き、1日中ここで遊びたい(^_^)。

 

925969c3e1c84c819321decd8ed974de

3月19日の夕方、ルアンパバーン空港からラオス航空のATR 72に乗りハノイへ帰った。

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 

 

 

2019/03/29

3/7 ふたたびハノイでダラダラ(2019 SE Asia Cycling Day48 Mar. 7)

今日も、ほぼ1日中、ハノイの宿でダラダラして休養。なので、飯のことしか書くことがない(^_^;)。

●朝飯
宿の朝食。おこわを選択。いつものと違うタイプのおこわだな。

Ccc0c9bf806f427b8f6a64d5e089048c

これは多分、Xôi Vò(ソイ ヨォ)という黄色いもち米のおこわだと思う。北部の田舎のおばさんは「ソイヤor宗谷w」みたいに発音してるように聞こえるw

美味しいベトナムコーヒーを今朝も3杯いただく。この豆はホイアンから取寄せてるそうで、ハノイでは入手できないものらしい。

宿の奥さんがハスの花のお茶を振舞ってくれた(^_^)。ハスの花にお茶を包んでから急須にいれ、お湯を注いではった。普通に美味しい濃いめの緑茶という感じだった。

D4e357b579014460a14f1281da16a1f9

Cdaf7f58ced942c9917a59583e8048d7

Fd2c55b042964d189045d74a6ab10024

7dcf4ee6abe64e88b497c7c7d79c2deb

どんな香りだったか覚えてないw(3/29に書いてます。やっぱすぐに記録しなきゃダメだなw) 一緒に飲んだイスラエル人の老夫婦にはちょっとハードルが高かったようでw、彼らは小さな湯のみ1杯ずつなんとか飲んだという感じw 僕は3、4杯頂いた。

●昼飯
宿の朝食の残り。朝食時、おこわを大量に出してくれたので、半分、昼飯へキャリーオーバーしたのだw


●晩飯
いつものCOM屋で、いつものようなおかずとBIA HANOIを2缶。55000ドン(225円)。

Ddf4df58783e4f4cbd2ff0596684d992

残りを持ち帰り、深夜の晩酌の肴に。

6cf4d75971f64e3ba097be18b6c2522d
そうだ。この日は、Viettel(ベトナム最大手の携帯電話会社)の直営店に行き、契約を1ヶ月延長してきた。 200000ドン(1000円)で1ヶ月データ通信8GB+いくらか覚えてないw通話料。首都のViettelの店なのに英語を話せる人が1人もいなかった。メコンデルタの最果ての地w、ハーティエンのViettelでも英語が多少できるおねえさんがいたのに!

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 

 

2019/03/27

3/6 ハノイでダラダラ(2019 SE Asia Cycling Day47 Mar. 6)

1日中、ハノイの宿でダラダラして休養。なので、飯のことしか書くことがない(^_^;)。

●朝飯

E0100df328734088abe2d1b533544c80
宿の朝食は、おこわかパンが選べるけど、アジア人はほぼおこわを選択するな。欧州人でも分かってるヤツはおこわ。生の落花生を入れて炊いてるだけのようなのだが、餅米自体の香りとおいしさがたまらん。良い餅米を使ってるね。

同席してた韓国人女性は一口食べて「うーーん」(あぁぁ美味しい)みたいな声を出してた(^_^)。彼女はベトナム語を勉強するために2ヶ月ほどハノイに滞在するそうだ。

もう1人別の韓国人女性が食事をしにきて、やはりおこわを選択。彼女はチェンマイに14年も住んでるそうだ。タイの小さなアパレル企業でデザイナーというかプロデューサーのような仕事をしてるそう。インスタの写真を見るとセンスの良さがわかる。だれかさんのように料理とビールの写真なんかアップしてないw
(彼女とは気が合い、翌日、「チェンマイに来たら連絡して」とメールアドレスと電話番号を自発的に教えてくれた(^_^))

フランス人の男性もいたのだが、あまり喋らない人で、ちらっと挨拶した程度。

おこわを少しおかわりとお願いしたら、ドンと出てきて腹一杯(写真下段左)(^_^)。 美味しいベトナムコーヒーも3杯頂いた。こんなコーヒーを店で3杯飲むと10万ドンくらいは軽く取られそう。嬉しいぃ(^_^)。


●昼飯

お昼はあまりお腹はすいてなかったのだけど、散歩がてらプラプラ歩いて食堂を新規開拓した。看板をチラ見して入った店で、bánh canhバンカン(讃岐うどんみたいな汁麺)が食べたくてバンカンを想像しながら、bánh cuốnバンクオンと注文してしまったw 北部ではバインクオンと発音するので若奥さんに「バインクオンね?」と確認され、うなずいた。頭の中が混乱していたようだw

彼女、なにやらクレープみたいなものを作りはじめた。ここでピンときたw 「あ。しまった。バンカンが食べたかったんだ。彼女が作ってるのバンクオンじゃん」とw そう注文したから当たり前だけどw

バンクオンを作るところを見るのは初めて。なーるほどなぁ。米粉の生地を薄くのばして蒸したあと、具を少し振りかけてから棒でくるくると巻いていくのだ。

4973c87053e9436fbe6b4a1fb413bfe4

19d61caccfff48b298f5a887ad3d4571

うーん。作りたてアツアツのバンクオンはうんまい(^_^)。作り置きの冷えたヤツが普通だと思ってたのだ。つけ汁も魔法瓶で保温してあった(^_^)。注文をミスってラッキーだったな(^_^)。

うどんのようなバンカンを食べる気でビールは飲むつもりはなかったけど、こんな美味しい肴(バンクオン)が出てきて飲まない訳にはいかないでしょ(^_^;)。

お会計は35000ドン(175円)だった(^_^)。

●晩飯

8279aba6f0764820aa2c7c9a75005150
晩飯は昨日と同じぶっかけ飯屋で、昨日と同じようなものを食べビアハノイを2缶のんで55000ドン(225円)。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

#朝食 #おこわ #コーヒー #ベトナム料理 #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

3/5 ハノイへ帰還(2019 SE Asia Cycling Day46 Mar. 5)

今朝もベトナム北部はどんよりした曇り空で、気温が低いのはいいのだけど(22℃ほど)、湿度が高くて、服もタオルもバッグも湿りがちで気持ち良くない。昨日午後イチで洗濯して部屋干ししてたシャツ、ズボン、下着も完全には乾いてない。ずーっと扇風機で風をあててたのに。雨は昨日の夕方には止んだのに、路面はまだ乾いてない。どれもこれも、気温が上がらず、湿度が高いからだね。うーーん。テンション下がる(^_^;)。

ベトナム南部だと夕方洗って部屋干したら、翌朝にはパリッと乾いたのになぁ。

でも、今日は朝から良いことが連続して起きた(^_^)。

宿を出るとき、フロントに誰もいなかった。客室の掃除をしてたおばあさんが出てきてくれた。彼女は英語はできないので、身振り手振りで説明して、パスポートを返して貰った。また、部屋代はチェックイン時に払ったことも確認して貰った。彼女は僕の出発準備を待ち、玄関で見送ってくれたよ。パチリと記念撮影。パスポートと帳簿の保管場所を知ってはったということは、彼女がオーナーまたはオーナーの母親なのかも。

1166b6b79fbc47e18c08ef9f1eaf4fd2

次は朝飯にブンを食べた食堂で。食後、出発の準備をしてると、若い女性店員(若いけど女将さん?)が見送りに出て来てくれた。男性店員(若いけど店主?)も出て来てくれた。2人とも自転車旅に興味があるようだ。僕英語、彼らはベトナム語で喋ったのだけど、なぜかお互い意思の疎通はできた(ような気がするw)。夫婦で店をやってるのかな? でも、女性は若過ぎるような気がするので、兄妹の可能性もある?

7c48e78404f64b738e68e8d6decf01fd

A5ec0b0df6d14b729e28b21c5886e9ef

次は昼前に「池」と書いたけど、実はVan Tri Lake(ヴァンチー湖)という湖のそばの飲食店にて。ビールを1缶だけ飲んでまったりしてると、店主らしき人物が「ベトナムのお茶を入れたから、こっち来て飲まない?」(想像w)とベトナム語で誘ってくれた。

D04f52151d084a819f617005546a32fb

69bb3e066cd546bb8c44d4b8a976e39b

美味しいお茶をゴチになってると、1人、2人と彼の友人(あるいは従業員?)が現れ、最終的には8人wでお茶を飲んだ(^_^)。綺麗なお姉さんも2人いて華やかな雰囲気で楽しかった。

07626d4377e74e07b89a6cf2c75b776f

Ae847f2c7d8c43708d71d0e601a68bdf

F98bb37d5c944ec7a777cdc3b986ea50

で、ビール代を払おうとすると、店主らしき人物は「いいよ。フリーだ」と言ってくれた(^_^)。本旅最安値のビールとなったw 無料のキャバクラみたいなw なお、近くにあるVan Tri Golf Club(ヴァンチーゴルフクラブ)はハノイのセレブ用の格式高いゴルフ場らしいよ(フラットなコースで面白くないと思うけどw)。

ハノイの中心部へ向け南下してるとき、ハノイ郊外(北側)にパクチー畑!を発見。天国やね(^_^)(^_^;)。

E377da10e6ca4cb880163d5413ae26dd

B1bbf7f517c541048bd9de856329cf8a

ハノイ近郊は自動車専用道路がちょこちょこあるので、それを回避するために、Googleマップのナビを徒歩モードで使ってたので、こんな農地の真ん中の道を走ることになったのよね。自力で地図を頼りに走るなら絶対に選択してない道だ。ありがとう、Google先生。

午後1時過ぎ、去年3泊したハノイの宿に到着。オーナー夫妻とお久しぶりの挨拶をしたり、今年の自転車旅の概要を話したり。昼飯を作ってくれるそうな。この宿は1泊朝食付きなんだけどね。ご主人が「彼女、あなたのことを気に入ってるので、料理を作ってあげたいんだよ」と言ってくれた(^_^)。嬉しいねぇ(^_^)。で、下の3品をゴチになった。ここのおこわは美味しいのだ(^_^)。あと、インスタントラーメンと言ってはったけど、具が本格的で美味しかった。家庭菜園でとれた香草やネギも旨い。ありがたや。

4a1247cb7727492989de6e64d02904b9

9bbed8e624194258831e37e855025456

5eca0e055aed4fe4a82ec94ca62c368f

去年はチェックアウトした日の昼飯をゴチになった。あそうだ。チェックアウトの前日夜にオーナー宅のホームパーティに招かれて晩飯、ビール、ケーキ、お茶もご馳走になったなぁ。田舎の親戚の家にでも遊びに来てる雰囲気(^_^;)?

今日は朝飯のブンに20000ドン(100円)使っただけで夕方まで過ごしたよ(^_^)。

今後もこういういいことが続いて欲しいものだ(^_^)。

晩飯は去年も何度か世話になったぶっかけ飯屋で食べた。 おかずは、揚げ春巻き、豚角煮、豚ひき肉を葉っぱ巻いて焼いたヤツ(料理名忘れたw)、チンゲンサイのお浸し、ウリのお浸しを選択。BIA HANOIビアハノイ2缶込みで55000ドン(225円)(^_^)。この店は安いだけじゃなく、料理もご飯も美味しいのだ。ぶっかけ飯屋やローカル食堂では、安物の米を使っていてご飯が美味しくない場合があるのよね。ご飯が美味しいのは有り難い。

40f66c447b4743c4834d8f681fd55671

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

 

#hanoi #ハノイ #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

 

2019/03/26

3/4 タイグエン省をゲット(2019 SE Asia Cycling Day45 Mar. 4)


今日(3月4日)は午前8時半にバクザン省ケップの宿を出発。なんと。路面が濡れてるよ。夜の間に雨が降ったようだ。雨でウェットな道路を走るのは本ツーリングで初めてだ。どんよりとした空模様で肌寒いし、テンション下がるなぁ。


こんな状態だと知っていたら、出発を遅らせたのになぁ。もうチェックアウトしたし、荷物を自転車に積み準備完了してるので、とりあえず出発したのだ。訳あって明日(3/5)からハノイの宿を予約してるため、今日は田舎道を西へ走りハノイの真北辺りまで走るつもり。


ケップの町を出て田舎道を走ってると小雨が降ってきた。んががが。本ツーリング初の降雨だ。というか、これまで東南アジア自転車旅を合計6ヶ月間ほどしてるけど、走行中に降ってきたのは初めてだと思う。3年前にタイで数十粒w雨が落ちてきたことはあったけど。


ヌードル屋に入り、bún bòブンボー(牛肉入りのブン)を食べながら雨宿り。20000ドン100円(^_^)。


9880c645987c4348a1d0b686c68086aa


ベトナム北部はこの時期、天気が安定してないようだ。去年も北部はスカッと晴れることは少なかったような。そうだ。去年4、5日一緒に走ったドイツ人カップルチャリダーは北部山岳地帯で雨にあい、どろどろになったダート道を自転車を押して進んだんだよなぁw


うーん。この先どうしようかなぁ。北部山岳地帯はやめて、また南下するとかw?


雨が上がったので出発するが、また霧雨みたいなのが降ってくる。カフェ休憩というより雨宿りだ。このベトナム式ドリッパーのコーヒーは今年初めて飲む。南部では暑くてホットコーヒーなんか飲む気にならなかったもんな(^_^;)。あぁ、なんか寒いんですけどw 気温は22℃らしいけど、体感気温は16℃くらい。


4dcd73ec642d40c9b5b863bcb65ed3ae


ツーリング仕様の立派な泥除けがついていても、この泥はね。泥除けなしのロードバイクとかなら、全身泥だらけになるだろう(^_^;)。


0bfd5373059a4002958d0dafb0e3bc50


昼飯前に、new省である、タイグエン省に入った。


こんな天気だと写真撮る気にもならない。この日は写真少ないけど、何枚か貼り付けておこう。


F6d0749cdf994fc9901302abfa2da42d


C818479f47ce4c838978cef6e7ebbd79


19b51824a16d4f8db4d3b672e56d5ff5


 


ぶっかけ飯屋で3品注文すると、すごい量のおかずになってしまったw こんなに食べられない(^_^;)。ライスも大量だし。残った分は持ち帰り、晩飯にする。


C600c4bab4744f9aaee032ffb9d241d5


昼飯を食べた食堂はタイグエン省だが、食後に数km走ると、バクザン省に入ってしまった。タイグエン省は10kmほど走っただけだなw なにやら、お茶が有名な省みたいね。ベトナム北部はお茶の栽培に適してるようだ。四季があり寒暖の差が激しいのがいいのかな?


バクザン省のThắngタン?という町の安宿にチェックイン。


A9cd7839d71843839d562ded08e57bdf


今日も湿度が高くてジメジメしていて気持ち悪いわぁ。部屋に置いてあるバスタオルも湿ってまんがな。それがわかってたんやろな、1階に降りたとき、宿のコワモテのオヤジがパリッと乾いたバスタオルを渡してくれた。顔は怖いけど、親切やん(^_^)。


晩飯は昼飯の残りと、ビアハノイx2、ウォッカハノイ少々。


F1ed6b8479e84bb4814a374dedad734c


 


 


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村



旅行記ランキング


 


#rain #雨 #cafe #カフェ #ベトナムコーヒー #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring


 

2019/03/18

3/3 バクザン省とランソン省 Bắc Giang and Lạng Sơn(2019 SE Asia Cycling Day44 Mar. 3)


チェックアウトしようとしたとき、宿のオーナーがお茶を進めてくれた。濃い目の美味しい緑茶だ。嬉しいな。オーナーの友人らしいご老人と一緒にゴチになる。


オーナー夫妻の写真を撮って、お礼を言ってさようなら。良い人たちだった(^_^)。


QL1A(国道1号線)を目指して走る。が! このあたりのQL1Aは高速道路になっていて、自転車はおろかバイクも走行禁止だった。


適当に元の道(DT295B?)へ戻る途中に、良さげなヌードル屋を発見。bún ca(魚の唐揚げ入りのブン)を食べる。20000ドン100円。旨くて安い。素晴らしい。


手動で田植えをしてはった。等間隔に並ぶように丁寧に植えてはりましたわ。


DT295B?を北東に走る。Bắc Giangバクザン省に入り、new省をゲット。


気温は大して高くなて最高気温28℃くらいなんだけど、蒸し暑い。そのため、チェー休憩を2回した。




途中からAH1(アジアハイウェイ1号線。QL37→QL1A)に入った。そのまま北東へ走る。


Lạng Sơnランソン省に入った。これまたnew省をゲット。


QL1Aの標石をパチリ。


ベトナム最南端の省Cà Mauカマウで撮った標石はこちら。2240-100=2140km。思えば遠くへ来たもんだぁ♪ ま、今年はサイゴンからハノイまでワープしたのでアレですが(^_^;)。


ランソン省の最初の町で宿を探すがない。省境いにホテルが一軒あったが周りになにもないとこだったのでパス。new省をゲットしたことに満足し、引き返し、バクザン省のKepという町で安宿にチェックインした。

午後4時半だけど、ビール飲みスタート。昼飯食ってないので腹が減ったのだw 肴はバインセオ。


これは北ぽいの? パクチーとホーリーバジル増し増しで食べる。バインセオも野菜もライスペーパーも、ビアハノイ2本とともに完食。一旦、宿に引き揚げた。

この店の会計が60000ドン(300円)以下なら、あとでまた来ようと考えてた。見積もりの内訳はバインセオ30000ドン、ビアハノイ15000ドンx2。で、請求額は40000ドン(200円)!(^_^)。いいんですか?な額だな(^_^)。多分、内訳はバインセオ20000、ビアハノイ10000x2だろう。これはたまらん安い(^_^)。バインセオにはちゃんと豚肉とエビが入ってたんだよ。日本で200円だと、この野菜香草盛り合わせだけでも無理なのでは(^_^;)?

な訳で本日2回目のビールタイムきたー。肴はチキンの炭火焼(^_^)。


こんな焼き方、初めて見た(^_^)。手羽先、手羽中、手羽元を連結したまま焼いてるのだ。旨いに決まってる。ビアハノイ中瓶込みで30000ドン(150円)。幸せ(^_^;)。

帰りにビアサイゴンの缶ビールとトウモロコシを揚げたお菓子を買い、宿で飲んだ。さらにビアサイゴンを買いに行ったような(^_^;)。ベトナムはビールが安いから沢山飲んじゃうよね。しょうがない(^_^;)。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング



#焼き鳥 #バインセオ #ビール #beer #biahanoi #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

2019/03/17

クアンシーの滝

Kuang Si waterfall in Luang Prabang now. Stunning.(^_^)

I’m gonna swim.(^_^)

クアンシーの滝なう🙂 久しぶりにイイモノ見たなぁ(^_^)。素晴らしい。



これから泳ぐよ(^_^)。



にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

#クアンシーの滝 #luangprabang #kuangsiwaterfall #laos #ラオス

2019/03/14

3/2 ハノイ到着 Arriving at Ga Hanoi(2019 SE Asia Cycling Day43 Mar. 2)

ハノイ駅にほぼ定刻の午前4時51分に到着。






駅員の女性にロッカーか荷物預かり所がないか聞くと、無いという。ほんまか?! 眠そうな顔をしていて、仕事する気が無いのが丸わかり。「それ、自分の仕事じゃないから、知らんわ」という感じ。別の場所にいた女性職員に聞くと、こっちついてこいというジェスチャー。VIPルームに連れてこられた。


係員が来るまでしばらく待つ。VIPルームの奥にロッカーがあり、無事預けられた、と思いきやw、料金で揉める。200,000ドン(1000円)というのだ。そんなもん、1000円もあれば安宿に泊まれるでw 高過ぎるので預けないと言うと、150,000ドンに値下げしてきたw それでも高いから断り、ロッカーから荷物を出してると、中型サイズのロッカーなら100,000ドン(500円)でいいと言う。バッグが3つあるので、持って歩くのは辛いから、お願いした。この係員は細身で美人さんなんだけど、目がこすい感じなんだなぁ。態度がやたらデカいし。

待合室で一休みしてると、VIPルームに案内してくれた太目の女性職員がニコニコしながら現れて、「さっきはどうも」(想像w)みたいなことを愛そうよく言うので、お愛想笑いをしてると、指を一本立ててなにかおっしゃる。意味がわからないので、何回かWhat?とか言ってる内に消えたw ワイロというか、チップをくれという意味だったのかな。分かるようにいわなきゃ(^_^;)。

待合室にコインロッカーを発見! これを教えてくれよw ひょっとしてVIPルームのロッカーは闇で貸して小遣い稼ぎしてるとか(^_^;)? 料金的にはコインロッカーも4時間を超えて8時間まで100,000ドン(500円)と同額のようだった。8時間を超えると200,000ドン(1000円)! 4時間以内なら50,000ドン(250円)。ベトナムの物価からすると異様に高いよな。普通のベトナム人は使わないだろう。普通のバックパッカーも使わないだろうなぁ。

そういや、早朝のハノイ駅にいるのは女性職員ばかりだなぁ。しかも、愛想悪いのばかり。制服も硬い感じだし、いかにも共産圏の公務員って感じ(^_^;)? サイゴン駅の女性職員は鮮やかなブルーのアオザイを着ていて、愛想良くて英語も上手だったのに。えらい違いだ。サイゴン駅では荷物預かり所に10時間くらい預けて50,000ドン(250円)だったし。


6時50分ごろ、ハノイ駅前のHighlands Coffee(Googleマップでは「高原珈琲店」w)に入ると、まだ営業前の様子。白人のお爺さんが何やら店員に質問してるが英語が通じないようだ。で、僕に英語できるか聞いてきた。「英語はできるけど、ベトナム語はできないよ」と答えると複雑な表情をされたw お爺さんは中国へ行くために旅行代理店を探してるそうで。「どの辺りがシティセンターなんだろう? シティセンターには代理店がたくさんあるでしょ?」とか言ってはる。そんなん、Google先生に聞けば一発やん。で、検索して教えてあげた。近くに何軒もある。まだ営業してないけど。やっぱ、古いタイプの旅人は自分がいる場所もよくわからないし、航空券を買うにも代理店を探さなきゃいけないとか、面倒だし、大変だね。ビバハイテクw

お爺さんと別れたあと、フォーを食べた。


bún bò táiを頼んだのだけど、僕が「Can I have」で始めたためか、店主のおばちゃんは多分bún bò táiの部分は聞かずにw、英語メニューを出してきたw その時、僕がどうやら、phở bò táiを指差してしまったようだ。残念(^_^;)。ブンに比べるとフォーはふにゃふにゃで頼りないんだよなぁ。ま、今年初のフォーということでいいや。スープと牛肉は美味しかたし(^_^)。40000ドン(200円)と強気の値段設定だ。駅近の一等地だからかな。

Highlands Coffeeでダラダラしてると、朝9時ごろ、ハノイの市外局番の固定電話から着信あり。僕の苗字は確認できたがベトナム語で何言ってるか分からないので「I don’t understand」とか言うと切れた。ひょっとして、自転車が着いたという、ハノイ駅からの連絡かも。予定では1時間後の午前10時なんだけど。しかし、サイゴン駅で電話番号を書いた記憶がないwし、自転車の送り状にも電話番号はプリントされてない。でも、それ以外にはあり得ないよな。

10時ごろハノイ駅へ自転車を受け取りに行く。無事に自転車を受け取り、ツーリング開始。


まずは去年見逃したロンビエン橋へ向かう。

が、しかし、自転車の前輪付近から異音がして、さらに若干前に進みにくい。ブレーキが軽く掛かりっぱなしなってるみたいだ。サイゴン→ハノイ間の輸送中にブレーキに妙な力が加わったのかも。ブレーキの調整をするには6角レンチと小さなプラスドライバーが必要なんだけど、プラスドライバーを持ってくるの忘れてたのだ。いつも使ってる自転車用の工具入れ(100均のタッパーだけどw)を中身を確認せずに持ってきたのが敗因。プラスドライバーをなにか自転車以外の用途に使ったあと工具入れに戻してなかったみたい。ま、とりあえず、だましだまし走る(^_^;)。

ロンビエン橋は期待してたのだけど、スクーターがガンガン走ってる二輪車用側道付きのただの古い鉄道橋で、ガッカリw ベトナム3大ガッカリポイントに認定w ハノイの宿のオーナーも「ロンビエン橋なんかしょうもない」と去年言ってはったんだよね。


でも、新婚さんが記念撮影していて、僕も便乗して撮らせて貰ったのは良かった。「Hi!」と声を掛けると、2人とも笑顔でこちらを向いてくれたのだが、2人が同時に笑ってるシーンが撮れてない。残念。花嫁さんかわいい(^_^)。




Googleマップで自転車屋を検索した。橋を渡って数キロ先にあるようだ。難なく到着。毎度Google先生には助けられております。店主のおじさんがブレーキの調整をしてくれた。10分以上かかったと思うし、潤滑剤を吹き付け、手を汚しながら作業してくれたのだけど、いくらか尋ねると無料でいいとのこと。ありがとうございます。英語はほとんどできないおじさんだったけど、僕が日本人であること、シェムリアップで自転車を買ってツーリングしてることなどを話すと、とても喜んでくださった(^_^)。その親切な自転車屋はこちら↓


Xe đạp Thái Lan
62 Nguyễn Sơn, Ngọc Lâm, Long Biên, Hà Nội, Vietnam
https://goo.gl/maps/TS18knXpSGr

QL3号線を北東に走る。片側4車線とかある立派な道で交通量は多いが走りやすい。

ハーレーとトライアンフの販売店があった。ベトナムもお金持ちが増えてるのね。


(おらが町の隣町にあったハーレー屋はハーレーの扱いをやめ、昔通りのバイク屋に戻ったらしい。ベトナムに完全に負けてる(^_^;))

渋滞が始まる。なんと、立派な道路の先にある橋が片側1.5車線ほどと狭いのだ。渋滞するに決まってるやんw そんな渋滞箇所がいくつかあった。すり抜けしたり、歩道を走行したりして進む。うーん。帰りはこの道は絶対通らない。

午後1時ごろ、ハノイを脱出し、new省wであるバクニン省に入り、道路沿いの安宿にチェックインした。国籍を聞かれ日本人だというと、英語は全くできないご夫婦が暖かく迎えてくれた。お茶を進めてくれた上に、パパイヤまで出してくれたよ。この写真は1切れ食べたあとに撮影。大きな3切れ一気喰い(^_^;)。今期初パパイヤは無料だった(^_^)。


晩飯はケパブを挟んだバインミーを2個、屋台から持ち帰り。スーパーでビアハノイ、ウォッカハノイ、ベトナムワイン!を買った。ベトナムワインは初めて飲んだが、この「thanglong(タンロン?)」という安ワインは甘口なのにアルコールで舌がピリピリwするような代物だったw まぁ、57000ドン(285円)だからしゃーないか(^_^;)。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング



#hanoi #ハノイ #ハノイ駅 #gahanoi #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

2019/03/13

3/1 統一鉄道2日目 Day 2 on the Train for Hanoi(2019 SE Asia Cycling Day42 Mar. 1)

今回のレポートは鉄ちゃん必読カモw?

寝台車に乗った直後は「上段のベッドでも十分に天井までの高さがあり、普通に座れるので、快適に過ごせそう。上段用の荷物置き場が結構広くて、テーブルに丁度良い高さだから食事も楽にできそう」と思った。しかし、やはり、上段は下段と比べるといろいろと不便だ。


まず。上段のベッドへ登るための階段がないw 代わりに足を乗せる小さな折りたたみ式のステップが1つあるだけw 写真撮るの忘れてた。これ、ある程度の腕力とある程度の運動神経がないと上段ベッドに上がれないよw バリアーあり過ぎw 年寄りや非力な人、あるいは背の低い人は無理だな。1番上のグレードの寝台なのに、これはないんじゃない(^_^;)? なんで梯子をつけないのだろう? 経費圧縮のため(^_^;)?

あと下段はテーブルが使えるから、飲食も楽にできる。上段の荷物置き場はビールやグラスを置くには良いが、食事をするには高過ぎだ。結局、弁当やらお粥は容器を手に持って食べた。これでは食事をしながらビールを飲むのはかなり面倒だ。


上段からも一応窓から外が見えるのだが、上から見下ろす形になるので体勢が苦しいし、遠くが見づらい。車窓を楽しみたい人は下段を死守しなきゃだね。

上段はこんなに欠点が多いのに、料金は100円くらい安いだけなのだ。アホらし(^_^;)。タイ国鉄では上段と下段の値段の差が大きかった。ま、タイの寝台車の上段だと天井が低すぎて座れないとか外が見えないとか条件がかなり悪いけどw

一応、車窓からの風景写真も貼り付けておこう。こんな家に住みたいな(^_^)。


ダナンの北側にあるハイバン峠を迂回して半島を舐めるように進む区間の景色は、実は楽しみにしていて、わざわざよく揺れる車両の連結部の近くの大きな窓の前に陣取っていたのだけど、大したことなかったw 去年、自転車でハイバン峠を走ったときは、線路やトンネルと山と海のコラボがカッコイイと思ったのだけど、列車から見るとイマイチw 残念。


斜度がキツイしカーブが多いのでちんたら進む。


車内販売はなかなか充実してる。値段もそれほど高くない。お粥25000ドン(125円)。
昼の定食(大きなチキンレッグ唐揚げと小松菜煮浸しを選択)40000ドン(200円)、ヨーグルト2個で16000ドン(80円)。晩飯の弁当(豚角煮と煮卵、空芯菜炒め、青菜スープ、ご飯)35000ドン(175円)。Tigerビール20000(100円)。






フエ駅でホームにちらっと降りたとき、売店のおばちゃんがフエ名物のFudaビールを売り込みにきた。20000と言われたが「高過ぎる」というと15000ドン(75円)になったので買った。これでも安い商店の5割り増しだけどw ホームの売店では缶ビール20000ドンがデフォルトなのかなw


フエ駅のホームに降りてパチリ。彼女は僕が乗った車両の車掌さんだ。車内2泊の仕事は結構キツイかも?



ここからが本日のハイライトwで鉄ちゃん向きの内容だ。ニャチャン駅とダナン駅は日本では考えられないような不思議な形で線路が敷設されている。鉄ちゃんではないので適切な用語を知らないので、うまく説明できないのだけど、ニャチャン、ダナンともに本線から数キロ離れた場所に駅があり線路が枝分かれしてるのだ。添付のGoogleマップを見てちょうだい。線路が細くて薄い線で表示されてるので見づらいと思うけど。

ニャチャン(Nha Tran)駅を発車した列車は駅の先にあるループ線を通って折り返すのだw これには驚いた(^_^;)。


ダナン駅も似たような枝分かれした線路上にあるのだが、こちらは駅の先にループがないので、機関車を最後尾に付け替えて、以降は逆走wするのだw


どちらも発想が面白いw こんなことするから、時間が掛かるし、多くの本数の列車を運行するのは無理なのだろう(^_^;)。

あと、ダナン駅を出てすぐの小さな駅で、行き違い列車の通過待ちをしたのだけど、列車が長いので踏切で道路を塞いでいて、大迷惑をかけてたよ(^_^;)。



にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング



#統一鉄道 #sleepertarin #寝台車 #寝台列車 #saigon #サイゴン #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

2019/03/11

2/28 サイゴン4日目&統一鉄道1日目 Day 4 in Hồ Chí Minh & Taking a Train for Hanoi(2019 SE Asia Cycling Day41 Feb. 28)


諸般の事情により、今日は午前9時発のベトナム統一鉄道サイゴン発ハノイ行きに乗るので、午前7時半ごろGrabアプリでタクシーのようなものを宿まで呼び、サイゴン駅へ向かった。が、しかし、AH1(QL22)が大渋滞してまんがな。「やばい。なんとか間に合うかな? 定刻に発車するとは限らないし。万が一遅れても、後の列車に振り替えて貰えるかも? 自転車は既に昨日預けてるので、最悪、飛行機でハノイへ行けばいいや」とか色々考えまくり。また、途中から、渋滞が少ないとGoogle先生が言うルートを運転手に指示しまくったw


(左下の到着予定時刻に注目w)

結局、9時2分に改札に到着。もう列車は出たあとだった。タイ国鉄ならなぁ、始発でも30分くらい平気で遅れるのに(^_^;)、ベトナム国鉄は定刻だったか。しかも、乗り遅れた列車のチケットは完全に無効で新たに買い直すしかないそうだ。1番高価な寝台4人部屋ソフトベッド下段のチケットがぱぁw 1,293,000VND(129万3000ドン)の大損害。って、まぁ、6500円弱だけどさ(^_^;)。

(今思えば、通常の通勤ラッシュ以外に、AH1(QL22)で事故渋滞があったのだ。軽い追突事故のようで、普通車2台が真ん中の車線に縦に並んで駐車してた。あれがなけれな5分は早く着いたはずで、9時の列車に間に合ってたな。朝の忙しい時間帯に事故るな、ボケが!)

まずは飛行機を検索した。安いのは夜便で使い勝手が悪かったり、空港から宿や駅へ移動するのが面倒&金が掛かるし、結局、今夜発の統一鉄道に乗ることにした。この便は人気があるようで、4人部屋ソフトベッドの下段には空きがなく、上段になってしまった。まぁ、寝転がってゴロゴロして時間を過ごすのは得意wなのでいいでしょう。あと、この夜便だと列車で2泊するので(2/28夜発、3/2早朝着)、宿代が浮くw さらに、自転車は3/2の午前10時にハノイ駅に届く予定なので、駅で待ってれば自転車で走り出せるので無駄がない。そう。寝台列車には貨物車両が連結されてないのだ。タイ国鉄の寝台車は大抵、貨物車両を連結してるんだけどなぁ。これは不便だよね。

いやぁ、それにしても、僕は旅歴は長いのだけど、予約してた乗り物に乗り遅れたのは初めてだと思う。今日も余裕を見て、普段30分ほどで着く距離なので発車時刻の1時間半前にホテルを出たんだよ。サイゴンの渋滞を甘く見てたのが敗因だったな。早起きして準備してたので、もっと早く出られたのだけど、駅で長い時間待つのも嫌だしと思い、7時半に出発しようと決めてたのだ。皆さん、サイゴンで公共交通機関を使う人は渋滞に気をつけて、かなーり余裕を持って移動してください。

夜まで暇なので、まずはサイゴン駅からどこへ行くか分からないバスに乗り、テキトーな場所で下車。ぷらぷら歩いてピンときた食堂でバンカンを食べた。ここのは本格的バンカンで讃岐うどんみたいなコシのある麺だった。ただ、バンカンは普通透明なスープだと思うけど、ここのは濁った豚骨系のスープのようだった。ラーメンのスープで讃岐うどん食べてるみたいな(^_^)。これはアリ。具沢山なのも良い。ただ、40000ドン(200円)とお高かった。壁にメニューと値段を貼り付けてたのでボタれたわけではない(^_^;)。


Grabアプリでタクシーもどきを呼び、ベンタイン市場の近くへ移動して、メガネを作った。Grabは安くて、ネットでカード決済できて面倒がなくて良い。アプリでドライバーを探す時点で値段が確定してるので、遠回りなんかするアホはいないしw こりゃもう普通のタクシーなんて使えないな。

(車内で充電もできた)

その後、3年ぶりにPhạm Ngũ Lão ファングラーオ通りにあるABCベーカリーに入った。セサミバゲットのハム&チーズサンド35000ドン(175円)。ここは、サンドイッチは注文後に作ってくれるのが良い。あとペットボトルの水7000ドン(35円)。これでwifi使いながらダラダラ暇つぶし。日記が溜まってるので、なんぼでも暇つぶしは可能(^_^;)。2時間以上いたな。






バスでサイゴン駅方面へ移動。ぷらぷら歩いたあと、駅の近くの海鮮系のちょっとだけお高いローカル食堂で晩飯。エビイカ下足入り炒飯が50000ドン(250円)、Tigerビール18000ドン(90円)x2。Tigerは今年初のような。高いし特に美味しいわけでもないので避けてるのだw この店、デカデカとLARUEの看板を掲げ、メニューの表紙はLARUEにもかかわらず、LARUEを置いてないという、ベトナムあるある(^_^;)。



上記の食堂に行商のお婆さんが来て、ラッキーなことに彼女、僕が大好きな茹で落花生を一袋持ってたので買った。 100円で2晩の良い肴になったよ(^_^)。

(少し食べたあと撮った写真)

良い時間になったのでサイゴン駅に移動。



朝預けた荷物(バッグ3個で50000ドン250円。1回50000ドンなのかな?)をピックアップして、荷物を整理したあと、早速、乗車した。(寝台の乗客は優先乗車で?)定刻の1時間前から乗車できた。それを知ってれば朝もっと早く出てたのに!

鉄ちゃんではないのに、海外の長距離寝台列車に乗るの、これが3回目だ。では、行ってきます。

う。列車は5分遅れで発車した。うーん。朝も遅れとけやw

さっそく333の缶ビールを飲んでる。これ、ホームの売店で買ったら20000ドン(100円)もした! ボリ過ぎw 普通50円やでw 拒否してもよかったのだけど、よく冷えてるので飲みたくて買ってしまったw 車内販売の方が安いのかも。そうだ、さっき駅の近くの店で飲んだあのお高いTigerでさえ18000ドンだったのにw


(車内販売も20000ドンだったw でも、こちらはTigerビールなので、まだボリ度が低いw)

寝台列車の話は翌日の日記に詳しく書く予定。

#統一鉄道 #sleepertarin #寝台車 #寝台列車 #saigon #サイゴン #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

2019/03/06

原チャでカオスなサイゴンでサイクリング&トラブル発生! Gee, the rear rack was broken on Day 3 in Hồ Chí Minh (2019 SE Asia Cycling Day40 Feb. 27)

今日(2/27)も連泊。今日はサイゴン駅まで自転車に乗って行き、自転車を預けてくる。あの原チャでカオスなサイゴン中心部の道を自転車では走りたくないのだけど、今回はしょうがない。


自転車は荷物なしの状態じゃないとダメと言われたのでパニア1つだけ装着して、貴重品だけ入れていった。ほぼ空荷状態なので、自転車の運動性能がいつもより高い。加速しやすいし、すり抜けも楽。これなら、サイゴンの中心地を走っても大丈夫だろう。

汗を拭こうと自転車を止めると、なんだかリアキャリア(ラック)が変な感じ。斜めに傾いてるような。触ってみると、リアキャリアがグラグラする。「うわ! 左側のボルトも吹っ飛んだの?」と思いきや、なんと、そのボルトの数センチ上のアルミパイプが綺麗にスパッと切断されてまんがな(^_^;)。なんじゃ、これわ(^_^;)。金属疲労してた部分が振動に耐えられなくなり破断したっぽいな。しかし、色々トラブルが発生してくれるなぁ(^_^;)。


今回、工具や応急処置用の部品とかホテルに置いてきてるので、どうしようもない。近くにあったバイクの修理屋に持ち込み、相談する。最初は無理だと言ってたおじさんに、「タイラップとか針金とかでなんとかならない?」と身振り手振りでお願いすると、やってくれた。まずは銅線で固定。これはイマイチ。次にタイヤチューブを切って荷造りバンドみたいにしたものを、その上から巻いて締め付けた。これは効いた。ガッチリ固定できてる。勉強になった。お代は20000ドン(100円)(^_^)。お礼を言ってさようなら。


これでとりあえずは走れるけど、自転車旅を続けるにはリアキャリアを交換しないとダメだ。

まずは腹ごしらえをしてから考えよう。COM屋に入り、骨付きチキンピリ辛カレー煮?、高菜炒め&カリカリ豚揚げを選択。一部SNSでは既報であるが、このぶっかけ飯屋のオヤジにフランス語で国籍を聞かれたのだ(^_^;)。さすがサイゴン(^_^;)。このご主人、茹でたてのチンゲン菜をサービスで出してくれたり、お茶、ご飯、スープのお代わりをすすめてくれたりえらい気を遣ってくれた(^_^)。納得の30000ドン(150円)。


Googleマップで自転車屋を検索。ディストリクト1(サイゴンの中心地)にある、小さな店だが部品の品揃えが豊富そうなショップを発見した。Googleマップのナビで近くまでは難なくいけたのだが店が見つからない(^_^;)。すんごい間口が狭い店で、これは見落とすわw 見つけられて良かった。狭い店舗だけど部品をたくさん置いてあり、店主は英語のよくできるプロっぽいおじさんだ。




この店は当たりだと直感した。弟子がリアキャリアを交換してる間、店主と僕の走ってきたルートなどについて話をした。カンボジアの山道でリアキャリアのボルトを一本失ったことを話すと、「大荷物をつけて走る場合、1週間に1回はボルトナットの緩みをチェックして、必要があれば増し締めしないとダメだ」とのこと。僕もボルトを失ってからは、増し締めしてチェックしてたけど、この破断は予測不可能だった(^_^;)。右側のボルトがなくなったあと、タイラップで応急処置をしたまま走ってたので、左側のパイプに異常な負荷が掛かってたのかもしれんなぁ。ま、これも勉強、経験値アップということで。

去年シェムリアップで買った新車はリアキャリアを後付けして貰ったんだけど、3800km以上走ってもなんもトラブルなかったんだよなぁ。その前のバンコクで買った中古車にも新品リアキャリアを後付けしてもらった時も1800km以上なんもなかった。どうも、今回買った中古車(リアキャリアは標準装備)は整備不良のかたまりだったくさい(^_^;)。

リアキャリア(ラック)は部品代250000ドン(1250円)、工賃100000(500円)だった。安い。かなりガッチリしたアルミ製のスマホホルダーも買って取り付けて貰った。250000ドン(1250円)。全部で600000ドン(3000円)(^_^)。サービスでブレーキの調整と、前後ギアのシフト具合のチェックをしてくれた。

サイゴン駅に向かう。早速、スマホホルダーの便利さを今更実感w でも、途中から昨日歩いた道だったので、そこからはナビは不要だったのだが。

自転車を預けに行ったら、係のお兄さんに自転車はハノイ駅に3/2に着くと言われる。は? 僕の乗る列車は3/1に着くよと、切符を見せて主張しても、3/2だという。意味不明だったのだけど、どうやら僕が乗る寝台列車には貨物車両が連結されないので、別の列車で運び、3/2の朝10時にハノイ駅に届くそうだ。英語はほとんどできない青年だったが、辛抱強くGoogle翻訳を駆使して穏やかに対応してくれた。良い奴だ(^_^)。料金は300000ドン(1500円)。お礼を言ってさようなら。

今回は素直にサイゴン駅から表通りまで歩き、65番のバスに乗って宿に帰った。

遅い昼飯はバインミー15000ドン(75円)と333の缶ビール3本(50円x3)。


昼寝後に散髪に行った。Google翻訳で「あまり短くしないで。刈り上げないで」を表示させて、彼も頷いていたけど、キッチリ刈り上げて短くしてくれたw まぁ、サッパリしていい。シャンプーも簡単で、髪はすぐ乾くし。散髪45000ドン(225円)、耳かき15000ドン(75円)。

晩飯はぶっかけ飯屋から、魚煮付け、卵焼き、ウリ薄切り炒めを選択して持ち帰り。25000ドン(125円)。これは安い旨い! 333の缶ビール4本(50円x4)


あと、屋台から、バンクオンと野菜とハムなどのセット、15000ドン(75円)も買ってきたが、ぶっかけ飯とビールだけで腹いっぱいになり、翌朝に回した。


本日の走行距離は17kmちょい。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

2019/03/04

サイゴンで買い物とか Day 2 in Hồ Chí Minh (2019 SE Asia Cycling Day39 Feb. 26)

今日(2/26)は連泊することにしたので、朝からダラダラ。とりあえず、ホテルの隣のヌードル屋でフーティウ(細い米麺の乾麺)を食べた。




ここのヌードルを食べるのも3年ぶりだが、相変わらずスープが美味しい。30000ドン(150円)。3年前は初ベトナムだったので安いと思ったが、このボリューム、内容で150円は高く感じる(^_^;)。

2/28のベトナム統一鉄道サイゴン発ハノイ行きのチケットを買いにサイゴン駅へ行く。ネット予約が可能なのだが、ベトナム国内発行のクレジットカードでしか決済できないらしい。とりあえず、ネットで空席を確認し、画面をキャプチャして持っていった。

ホテルの受付のお姉さんに市バスの27番に乗ればいいと教えられ素直に従った。が、27番は途中から駅とは反対方向の西へ向かう道を走りだしたw でも、大回りして行くのかなと考え、そのまま乗り続けた。

しばらくして、若いお嬢さんが僕の隣の席に腰掛けたと思いきや、本を取り出して読み始めた。何の気なしに見てみると、日本語のテキストっぽい。

(許可を得て撮影しました。盗撮ではないw)

思わず「あれ? 日本語勉強してるの?」と英語で尋ねたw 「そうです」、「へぇぇ。大学で勉強してるの?」、「そうです」とかとか英語で会話をつづけた。なんの話だか忘れたけど、日本のことに僕が詳しいと気づいた彼女から「日本の方ですか?」と日本語で聞かれ、そこから日本語で会話した。

久しぶりに日本語で話すと、なんかへんな感じ(^_^;)。英語で喋ってる時以外は日本語で思考してるし、毎日日本語で日記を書いたりSNSでやりとりしてるのにね。思考したり文章を書いたりするのと、会話するのとは脳の回路的には別なのかしら(^_^;)? ここが外国で相手が現地の人であることが、その違和感の一因というか主因なのかも?

彼女は大学で化学を専攻してるけど、趣味で日本語を勉強してるそうだ。日本のアニメが好きで日本に興味を持ち、日本や日本語が好きになったと。日本に旅行に行きたいと言うので「秋葉原に行きたいんでしょ?」というと、全力で頷いてはった(^_^)。そうだ、彼女、日本人と会話するの初めてで喜んではったよ(^_^)。「チャットで日本語教えて貰っていいですか?」とか言われ、「もちろんok。僕もベトナム語教えて」と答えたり。あと、ベトナム語の発音の難しさや、日本で使ってる漢字についても色々喋った。

結局、27番のバスはサイゴン駅方面には行かず、終点のベンタインバスターミナルに着いた(^_^;)。65番ならサイゴン駅の近くの通りを通ったのに! まぁ、受付の女性が間違えたお陰で良い出会いがあったわけで、何が幸いするかわからんね。

あ。いま、ふと思いついたのだけど、バスターミナルで乗り換えれば、サイゴン駅に行けたのかも。でも、大回りで時間がかかり過ぎだと思うなぁ。うん。バスターミナルで乗り換えるなら27番でなくて、真っ直ぐバスターミナルへ向かうバスに乗ればいいわけで。まぁ、なんでもいいけど、自分で調べるか確認しなきゃね。

サイゴン駅まで3kmちょいなので、散歩がてら歩いて行った。

やっぱ、綺麗な果物は都会に集まってくるんだね。メコンデルタの道端で売ってる果物とは見てくれが全然違う。見るだけで楽しい。でも、きっと味は同じか、道端のより劣るかもね(^_^;)。




途中でcom屋で昼食。大きな骨付きチキン唐揚げとオクラを選択。22000ドン(110円)。安い旨い。サイゴンでもローカル食堂なら安いね(^_^)。


2月28日午前9時発、統一鉄道サイゴン発ハノイ行きの希望どおりのチケット(4人部屋ソフトベッド下段)を難なく購入。料金は、1,293,000VND(6465円)。ブルーのアオザイの制服を着た窓口の女性は仕事のできるクールな美人さんだった(^_^)。感動したので記念撮影させていただいた。




自転車は貨物を扱う別の建物で手続きする必要があるそう。そこに行くと、出発前夜までに自転車を持ってくるように言われた。


サイゴン駅からどこに行くか知らない7番のバスに乗ってみた。ファングラーオ通り辺りへ行きたいのだが、途中から方向転換し、西の方へ走り出したので下車した。なんだか面倒になりw、ホテルへの帰り道で買い物して帰ることにした。適切なバスがどのバス停に止まるのかわからなかったので、とりあえず歩いた。もう、4、5kmなら歩いたれという気分になりw、Big Cまで歩いた。今日は10km近く歩いたよ。

Big Cに着くなり、ソフトクリームとペプシコーラを瞬殺(^_^;)。




自転車用グローブ、スプーン、ボトル洗い(棒に付いたスポンジがくるくる回る優れもの。スクイーズボトル内部の洗浄用に入手)、ベトナムのジン、ノート(ベトナム語勉強用。3/4現在、まだ使ってないw)、ペン(同左)、ハサミ、お菓子x3、蚊取りスプレー、ブンチャ、チキンのせおこわ、トウキビジュースを購入。


65番のバスで宿に戻った。そうそう。市バスはいまだに1回5000ドン(25円)。18km以内だったかな。

晩飯はBig Cで買ったブンチャとチキンのせおこわ。あと、333缶ビール(50円)x4。





#輪行 #寝台車 #寝台列車 #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング

2019/03/03

タンホア→ホーチミン Thạnh Hóa→Hồ Chí Minh(2019 SE Asia Cycling Day38 Feb. 25)

朝8時半に宿をチェックアウト。ベッドでゴロゴロしながら、今後の走行ルートを考えていて、出発が遅くなってしまった。

昨日走ったQLN2をまた北東方面(ホーチミン方面)へ走る。




タンホアの市街地から5kmほど走った辺りで道端の食堂兼カフェに入り、朝食にbún riêu(ブンリュウ)を食べる。今回もそうだったけど、bún riêuの注文は一発で通じることが多い。これが100円(20000ドン)で食べられるのが嬉しい。


店先に置いてある冷たい水をスクイーズボトルに入れてたら、店主のおばさんがポットに入った濃いお茶を持って来てくれて、それを継ぎ足すように言ってくれた。こういう気遣いが嬉しい。日本だったら、店に置いてる冷たい水をマイボトルに入れてたら、嫌な顔されそうだよね(^_^;)。僕もまぁそんなことしないで、ペットボトルの水かお茶を買うだろう。

ロンアン省のこの辺り(北西部)は町から出ると田んぼだらけ。めっちゃ広い田んぼが多くて眺めるだけで気持ちがいい。何回も自転車をとめて、いっぱい写真を撮った。植えたばかりみたいな短い苗状態の稲、青々とした稲、収穫直前と思われる黄金色の稲が近接した地域で同時に見られるのが、メコンデルタのすごいところだよな。まぁ、これはカンボジアでも似たような状況で、というか東南アジアの熱帯の平地ではあるあるかな。








昼前には暑くなってきたので、ハンモックカフェに入り休憩。今日は椅子には座らず、いきなりハンモックでスタートw mía(サトウキビジュース)を注文したら、dừa(ココナッツジュース)がきたよw




míaが通じなかったのは初めてw míとdừが間違うはずがないと思うけど、客が多くてざわざわしてたので、音より、間違った声調(トーン)でそう判断されたのかも?(^_^;)。美味しいし、たっぷり入ってるので良いけどw 15000ドン(75円)だった。75円でこんな美味しいジュースを飲みながらハンモックでダラダラできるなんて素晴らしい。1時間ほど休憩した。そういや、ココナッツジュースを飲むの久しぶりだ。2013年のバンコクで飲んだのが最後だったような記憶が。

昼飯は COM屋(ぶっかけ飯屋)で食べた。天ぷらとトマトの照り焼き風?、とウリ煮?を選択。




天ぷら(じゃこ天)は注文時、手羽先や手羽中だと思っていた(^_^;)。リュウキュウ(高知の方言。ハスイモの茎)のスライス、トマト、もやし入りの酸っぱいスープが熱々で美味しかった。ご飯大盛りでお腹いっぱい。これで20000ドン(100円)は安いなぁ。

ホーチミンに近づくにつれてバイクと車の数が増えてきた。暑いのが余計に暑くなり不快。おおおお。che屋、発見! 本旅初チェー。チェー屋は南部の田舎ではほとんど見かけないのだ。看板はあってもやってないとか。都会に近づいた証拠だ(^_^;)。ジャックフルーツと竜眼が入った豪華なチェーで、18000ドン(90円)とお安くなかったが納得のいく値段かな。




ついにホーチミンに突入。ここまで田舎道を走ってきたが1号線(QL1A)にぶち当り、大きな交差点で危険なので2段階左折wしてQL1Aを北東へ走る。すぐに見覚えのあるAH1(アジアハイウェイ1号線。QL22)との交差点が現れた。右折してAH1(QL22)をサイゴン方面に走る。

ほどなくして、3年前に1週間ほど泊まったホテルに到着。午後4時にチェックイン。受付のおねえさんは、前回と同じ、ホテル横の商店の娘さんだった。

晩飯は近くの2軒の屋台から調達した。骨付きフライドチキンライスは20000ドン(100円) 、ハムや野菜てんこ盛りのbánh cuốnバンクオン(北部ではバインクオン?)は15000(75円)とどちらも安くてうまぁ。333の缶ビール10000(50円)x4とベトナムジンを少々飲んだ。今夜も安く酔えて幸せ(^_^)。





本日の走行距離は63km。

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング


#mía #dừa #ココナッツジュース ##vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

2019/03/02

ビンロン→タンホア Vĩnh Long→Thạnh Hóa(2019 SE Asia Cycling Day37 Feb. 24)

ビンロンの宿を朝7時に出発。ビンロンはカントーのような都市ではなく、メコン川沿いの静かな田舎町だった。実際は町から数キロ上流にあるミートゥアン橋付近でメコン川本流は2つに分流してるので、メコン川ではなく、Sông Cổ Chiên(コーチェン川)が正解なのだが。



ミートゥアン橋からメコン川本流をパチリ。左側がその後も本流。巨大な中洲があり、中洲の右側がコーチェン川になる。




今日はnew省wをゲットするために、ミートゥアン橋を渡ったあと、本来の進行方向とは逆の北西に走る(QL1A→QL30)。その後、北(DT650→DT850)そして北東方向(QLN2、途中からQL62併用区間)へ軌道修正する。テキトーに上記の田舎道を選んで走ったところ、当たりの道だった。文章で説明するより写真を見て貰った方がいいいだろう(^_^)。

まずはQL30 を北西に走りnew省wのĐồng Tháp省をゲット↓


DT650→DT850を北へ走行中に撮影↓











QLN2を北東へ走行中に撮影↓









(ハスの畑(^_^;)?)

今日は午前11時ごろから暑い。あとでチェックしたところ、11時には32℃、最高気温は36℃だったw 午前中に3回mía休憩したよw どの店も親切でスクイーズボトルに氷やお茶を入れてくれた。どこも1杯5000ドン(25円)だったので3回休憩して75円(^_^)。


QLN2号線沿いのぶっかけ飯屋で昼飯。魚の煮付けと目玉焼きを選択した。生卵を指差して英語で注文したが無事、目玉焼きが出てきた。30000ドン(150円)。


最初、貧相なおかずだと思ったがw魚の煮付けが思ったより量が多く、また味付けが濃かったこともあり、おかずが余りそうだったw 結構辛いブラックペッパーが振りかけられてた。ご飯大盛りだったのにペロッと食べた。チャリダーはよく食べるw 食後、店主のおじさんが「スクイーズボトルに氷を入れてあげようか?」と言ってくれた。ベトナム語だけど雰囲気でわかった。お茶もいっぱい貰った。ありがたやぁ。

ここ数日、走行中に水やドリンク類を買ってない。mía休憩、カフェ休憩、昼飯休憩のとき貰うお茶や水や氷で足りてるから。これは助かる。

午後のハンモック休憩では、今日もcà phê sữa đá(練乳入りアイスコーヒー)を頼んだら、ちゃんとcà phê sữa đáが出てきた(^_^)。今回は30歳前後の綺麗なお母さん。1発目、「?」という顔をされたけど、めげずにもう一回「cà phê sữa đá」と言うと、ニコっと微笑んで分かったことを示してくれて、さらに復唱してくれた。10000ドン(50円)。アイスコーヒーを飲んだあと、ハンモックに移動すると、速攻で10分ほど寝た。効果的な昼寝だった模様(^_^)。 1時間ほどダラダラして出発。


QLN2号線はQL65と合流し併用区間になってから交通量が激増し走りにくい。道路が狭いし舗装状態が良くないし。さらに暑いしw

100km弱走り、Long Anロンアン省のThạnh Hoáタンホア(北部にThạnh Hoáという有名な都市があるけど、こっちは田舎町)に到着し、安宿を見つけて午後4時にチェックイン。エアコン付きで150000ドン(750円。エアコンなしの部屋なら500円以下かも? 暑いので聞きもしなかったw)。冷蔵庫がないのが残念だが綺麗な広い部屋でラッキー。

晩飯はbánh canh(読みはバンカン、バインカン、バンカーンなど諸説ありw うどんっぽい汁麺)と生春巻きを持ち帰りで。




bánh canhにしては細い麺だけど、コシはある。bánh canhはタピオカ粉あるいは米粉とタピオカ粉を混ぜて作るのでコシが強くなるのだそう。bánh canhは20000ドン100円(^_^)。汁麺を持ち帰った場合に使おうと思いシェムリアップで買った丼型のタッパーが役に立った。

生春巻きは1本4000ドン20円(^_^)。野菜はマーケットで買って全部で8000ドン40円(^_^)。




先日も書いたけど、ベトナムの田舎町ではビールを冷やしてない店が多い。4軒あたって冷やしてたのは1軒だけだった。1軒でもあって助かった。イマイチ冷えてなかったけど、常温よりはずっとイイ(^_^;)。


にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村


旅行記ランキング



#cafe #コーヒー #ハンモック #hammock #hammockcafe #vietnam #ベトナム #cycling #サイクリング #自転車 #bicycle #ツーリング #touring

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »