2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る その3(ポンガの滝その2) Pongour waterfall(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »

2020/07/08

3/11 これぞ中部高原な道を走る その2(ポンガの滝) Pongour waterfall(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11)

3/11 これぞ中部高原な道を走る その2(ポンガの滝) Pongour waterfall(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11)

 

宿で荷物を降ろしてから、午後3時半に空荷の自転車でPongour waterfall(ポンガの滝)へ向かう。

動画と写真はインスタで見てね。

宿で荷物を降ろしてから、午後3時半に空荷の自転車でPongour waterfall(ポンガの滝)へ向かう。ポンガの滝は、シェムリアップの定宿のスタッフMinaさんに勧められたのだ。彼女は昔、ダラットで働いていたので、この辺りに詳しいようだ。

QL20を北東(ダラット方面)へ5分ほど走ると「Pongour 7km」の標識が出てきた。左折してローカル道路を西に走る。

少し走ると道路の両側にだだっ広い畑が現れた。もろ高原地帯って感じ。この背の低い木は、コーヒーの木かな? 花の咲き方がそれっぽいような。ダラット周辺のコーヒーは有名だし。

71cc1faa3a0b45e9bf14a44362e2c5a7

うーん。野焼きしてまんがな。3番目の動画、6秒。

宿から30分ほどでポンガの滝の入口に着いた。入場料は20000ドン(100円)、自転車の駐車料金が5000ドン(25円)。売店で水500mlを買うと10000ドン(50円)とローカル商店の2倍w

0ce12a839f734991bc7f921636315a01

なかなか立派な滝だけど、水量が少ないのが残念だなぁ。この滝幅全体からたっぷりな水が流れ落ちたら迫力あるやろなぁ。まぁ乾季なのでしょうがない。

ググってみると、この滝の上流に水力発電用のダム(Dai Ninh Hydropower Dam)があり、そこで水量を絞りまくってるみたいだ(翌日、QL20の東側にあるダム湖を見た)。グーグルマップをチェックすると、この滝の上流はDai Ninh Riverダイニン川、滝の下流はドンナイ川と表記されている。先日行った九十九島っぽい風景のhồ Tà Đùng(タダン湖?)や、2月末にグーグル先生のナビでえらい目にあった日に行ったhồ Trị An(チアン湖)などの超上流wになんだね。なーるほど。

こんなとこで野焼きすんな!w>9番目の動画

滝の周辺には立派な高木がたくさん生えてる。縦長で写真を撮ったので、次の投稿に貼り付けます。インスタでは横長と縦長の写真を混在させると無様wになるので。

滝からの帰りにCOM TAM、ビアサイゴン5缶、水1.5L、お菓子、ソーセージを買って、午後5時過ぎに宿に戻った。このCOM TAM(豚肉炭火焼定食。写真10)は、目玉焼き、ナス煮浸し、キュウリの輪切り、キャベツのスープがついて25000ドン(125円)とコスパ最高だった(^_^)。

E8991fa36fc64f14ac4cc925d68390d0

本日の走行距離はポンガの滝への往復も含め71km。

【ちょっと困ったことになってきた】
滝から宿に戻ると、衝撃の宿泊拒否宣言がきたよ。チェックインのとき応対してくれた、威勢の良い刺青をしていてガタイもいいけど優しい顔をした青年と、その奥さん(? 美人さん)が申し訳なさそうに、「すみません。ここには泊まれません」と言ってはる。警察が来て云々だそうで。セキュリティカメラに映った警官の写メを見せてくれた。警官が来て何を言ったのかはわからない。2人とも英語は話せないので、細かい話はできない。「警察が近いので、ごめんなさい、泊まれません」みたいなこともいってはる。2人の話はスマホの翻訳アプリがメインで、あとはベトナム語w

「日本を2ヶ月前に出国してるし、ベトナムに20日くらい前に入国してるし、問題ない。僕が警察と話してもいい。弁当、ビール、水など買っていて、これから全部もって移動とか無理wなので、なんとか泊めてくれない?」とか頼み込む。奥さん?は僕が喋ってる英語がだいたい分かってる様子で、めっちゃブロークンな英語で「ベトナムの前はどの国に行ってました?」とか僕に聞いてきたり、青年にベトナム語で説明してくれたりしてる感じ。その後、青年がどこにかに電話をして誰かに(オーナーに?)許可を求めたみたい。結果、ジェスチャーでお部屋へどうぞとなった(^_^)。

ほっとして、部屋に戻りシャワーを浴びてると、ドアをノックする音がw 「うわ。ダメになったとかじゃないやろなw」とあせる。シャワー後に受付に行くと、青年が見せてくれたスマホには「ここに何泊されますか?」という翻訳文が表示されていた。またホッとした。

飛び込みのチェックイン時に断られていたら、しゃーないなと諦め、別を当たっていたと思う。でも、夕方になって、弁当やらビールやら買い込んだあとに、さすがに移動はしたくないので、普段は交渉とか面倒だからしない僕でも食い下がったよ。

まぁ、今日はこれで良かったのだけど、こういうのが続くと困るなぁ。もうちょっと様子を見てから、今後どうするか考えなきゃいけないな。昨日までいた山の中の田舎町では全く問題なかったんだけどねぇ。誰もコロナとか気にしてないっぽくてw、日本人だと分かると歓迎してくれるくらいだったのにな。

#vietnam #cycling #bicycle #centralhighlands #covid19 #ベトナム #サイクリング #自転車 #中部高原 #コロナ

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 

 

 

« 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る その3(ポンガの滝その2) Pongour waterfall(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る その3(ポンガの滝その2) Pongour waterfall(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »