2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 3/9 Đắk Som to Tân Thượng(SE Asia Cycling 2020 Day 28, Mar. 9) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »

2020/07/06

3/10 Tân Thượngで休養(SE Asia Cycling 2020 Day 29, Mar. 10)

3/10 Tân Thượngで休養(SE Asia Cycling 2020 Day 29, Mar. 10)

E538a2e44502467499b1463ccacbe9e5

個別写真はインスタで見てね。

昨日登りまくって疲れたので、Tân Thượngタンソン?という何もない田舎町で連泊して休養する。この宿、1泊15万ドン(750円)と安いのに冷蔵庫と湯沸かしポットがあるし、自転車を部屋に入れられるのも良い。エアコンはないけど、標高1000mちょいなので涼しいので問題ない。

朝7時半ごろ食堂を探しに行った。標高が高いので、やっぱ朝は霧が出てるね。昨日は町の中心部方面を探したけどなかったので、町外れ方向に歩いた。なんと、4、50m先に比較的きちんとした食堂があったw bún riêuブンジウを注文。優しい味のスープでまぁまぁ。レタスがたっぷりなのとブンが多いのは良かった。20000ドン(100円)(^_^)。

昼飯も同じ店で同じbún riêuを食べた。今度のは豚の炭火焼がのってる(^_^)。

15:40ごろから、スゴイ雷雨。怖いくらいの雨量😅 今日は休養日にして大正解w

晩飯も同じ店w COM TAM(豚の炭火焼き定食)の持ち帰りを頼んだつもりだったのに、bún riêuの持ち帰りが出てきたw 3食連続wだけど、ま、いいやw 宿に持ち帰り、ブンチャみたいにつけ麺にしたり、ライスペーパーで巻いて食べた。結果的に安くて良い飯&肴になった(^_^)。あ! 今(7月5日)、写真を見て気づいたのだけど、bún riêuに豚の炭火焼がついてたんだな。注文時、英語xベトナム語でいろいろやりとりしたのだけど、「ライスがないからブンでいいか?」みたいな話になってたのかも(^_^;)。

あと、昨日食べたマンゴーがめっちゃ美味しかったので、記録に残しておこう。確実にシーズンベストのマンゴーだった。これは一昨日、Đắk Somダクソン?という田舎町で買ったマンゴーで、50kmほどアップダウンを繰り返して現在地まで運んで来た。冷蔵庫で冷やしたあと、昨夜ビールの肴にしたのだ。下の写真の青果店兼花屋兼雑貨屋の露店で、良く熟してるように見える黄色いマンゴーを買おうとしたら、店の手伝いをしてる男の子(推定10歳)が「こっちの方が美味しいよ」(想像w)と言って、この青いマンゴーを勧めてくれたのよ。それが大正解だった。前にも、こんな青いヤツが美味しいことがあった。黄色くならなくても、いい感じに熟す品種なんだね。400g超とまぁまぁのサイズで13000VND(65円)だった。買うときは、ちょっと高いような気がしたけど、この味、香りなら納得の価格だ。

A1fa8b75a00c4e9c87ee881e33659743

ニャチャンからハイフォンへ移動した旅友(去年ビエンチャンで合流したKさん)から、「ハイフォンのホテルに軟禁されてるw」というメッセージが届いた(^_^;)。この件も記録に残しておこう。僕のレスを以下に示します。

「え? 警察かなんかが来て、外出するなと言われたの? 」

「こっちは今のところ、何もかわってない。山の中の田舎だし、コロナとか気にしてる人はいないっぽい(^_^;)。昨日も宿でパスポート見せると「日本、大好き」とか言われたり。雑貨屋兼飲み屋みたいなとこでは、青年たちから「おお。日本人。こっち来て飲んで」と言われ、地酒wと鶏を丸ごと蒸したやつ(結構高い)を分けてくれたり」

「あいた! ハイフォン市独自の措置みたいだ↓ 間が悪かったね。

ハノイの日本大使館からの情報
2020年03月09日
ベトナム国内における新型コロナウイルス関連発表(続報)
※ハイフォン市は,3月6日付けで,新たにイタリア,イラン及び日本からの入国者に対し隔離措置を取る旨を発表しています。現時点で,ベトナム政府は,日本からの渡航者を対象とした特別な措置の実施を指示していませんが,ハイフォン市では,このガイドラインに基づき,実際に自宅隔離を求められている邦人がいますので,渡航・滞在に当たっては十分に御留意ください。」

結局、彼女は数日後、ハイフォン市が手配したチケットでハノイから日本へ帰った(帰らされたw)。やっぱ、社会主義の国はすごいな。やると決めたら、速攻で実行するんだな。ハイフォン市は中央直轄市で、自治体の権限が大きいみたいだ。

#vietnam #cycling #bicycle #mango #ベトナム #サイクリング #自転車 #マンゴー

 

 

にほんブログ村 自転車ブログ 海外サイクリングへ
にほんブログ村

 


旅行記ランキング

 

 

« 3/9 Đắk Som to Tân Thượng(SE Asia Cycling 2020 Day 28, Mar. 9) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/9 Đắk Som to Tân Thượng(SE Asia Cycling 2020 Day 28, Mar. 9) | トップページ | 3/11 これぞ中部高原な道を走る Tân Thượng to Phú Hội(SE Asia Cycling 2020 Day 30, Mar. 11) »